野球と中殿筋

印刷する

仕事柄野球少年は時々診る。以前手こずった子がいてピッチャーの肩痛なのだが、何をやっても痛みが取れない。困ってある先生に聞いたら、「お尻の横の中殿筋をいじってみたら。」とアドバイスを頂いて、実践したら簡単に痛みが取れてしまった。結局、肩をフレキシブルに動かすために、中殿筋(お尻の横の筋肉)を使っているのである。逆を返すとお尻が硬いと肩は動かないということである。それ以来肩の関節の可動域を診る時は必ずお尻を診るようにしている。野球少年の苦い思い出だが、肩と中殿筋は一蓮托生である。

2018年5月6日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中