難しい後頭神経痛

印刷する

以前から後頭神経痛の治療には悩んでいる。定期的に通っている方が殆ど良くならないので、下記の通り治療法や検査の見直しの話をした。

  1. 筋肉の問題として捉える-CT・MRI・超音波で検査
  2. 炎症として捉える-血液検査
  3. がんを疑う-CT・MRI・血液検査
  4. 噛み合わせを疑う-マウスピース
  5. 骨格のゆがみ-インソール
  6. 無呼吸症候群-入院検査・CPAP
  7. 神経痛として捉える-神経ブロック・筋膜リリース
  8. マイコプラズマ・ファーメンタンスを疑う

これぐらいしか思い浮かばないが、10数回治療して成果が出ない方の場合は一度ガラガラポンをしてゼロベースで検査治療が必要だと思う。

2017年10月17日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中