電磁波過敏症について

印刷する

まだまだ認知度の低い電磁波過敏症だが、患者さんにとっては大問題である。電子レンジが使えなかったり、パソコン仕事が出来なかったり、電気毛布で体調を悪くしたり、高圧線の下で頭痛に悩んだりと本人にとってはどれも治療が難しい。解決法は電磁波から遠ざかれば良いのだが、現代社会で中々そうも言っていられない。そんな現代病の電磁波に対してその問題点と対策に関してセミナーが開かれます。是非ご参加下さい。

市民公開講座 『電磁波の身体への悪影響』①

開催日時:2016年7月17日(日)14:00~16:00 【開場 13:30】

会  場:東京大学 山上会館 〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1

講演者 :大村恵昭 BDORT創始者
ニューヨーク医科大学(非常勤)教授
(Family & Community Medicine)

参加費 :3,000円 (先着:100名)
参加申込書を実行委員会まで郵送またはFAXして下さい。
事前申し込みの必要があります。まずはご連絡ください。

参加資格:日本BDORT協会会員・BDORT友の会会員

講演内容:患者体験談
大村恵昭教授講義 「電磁波の身体への悪影響」①
質疑応答
電磁波対策解説
認定医指導の実技
(内容は変更になる可能性があります。)

主  催:BDORT協会市民公開講座実行委員会
〒830-0032 福岡県久留米市東町496
東町ビル3階
電話:0942-38-4181 Fax:0942-37-4131 mail:info@bdort.net

 

無題2

2016年7月3日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中