頸椎ヘルニアとゴールデンタイム

印刷する

数年前から頸椎ヘルニアの方が手のシビレで通っている。中々これといって決定打の治療法がなく、仕事が肉体労働なので、その時の主訴をメインに治療している。先日仕事を変え、肉体労働から解放されたら、今までの筋肉痛が嘘のようにない。手のシビレも楽だという。そして仕事の終了時間も早いので、十分睡眠が取れて快調だという。これはチャンスと思い3-6ヶ月ぐらい、このまま今の状態を維持したらどうかと提案した。少し仕事が楽になり、テニスやゴルフをされては折角身体が回復しているのに負担をかけてしまう。以前はこの手のシビレは7割ぐらいしか良くならないという話をしたが、この流れで8.5割ぐらいまでいくかもしれないという話をした。これは治療のチャンスでゴールデンタイムである。この時期をのがしたら、もう来ないと思う。今までより楽になったが、たまたま来たのでこういう話が出来た。こういう事も知識が必要なので、チャンスを活かして欲しいと思う。

無題

2015年11月8日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中