食後のデザートと胃炎

印刷する

常連さんが久しぶりに来て腰が痛いという。身体を診たら完全に過食である。現在仕事で現役を離れ、悠々自適なのは結構なのだが、どうしても食べすぎてしまうと言う。せめて夕食後のデザートは控えて欲しいと言ったら、今日1ヶ月ぶりに来てあれからデザートを止めたら、体重が1.5kg落ちたという。それ以外にも良いことがあって、今までは夜間にゲップが上がり胃薬を飲んでいたが、デザートを止めたらゲップが上がらず、胃薬がいらなくなったという。実はこの事はとても大きな事である。胃炎がなくなるということは腰痛予防になる。そして肺などの感染症も減らせる。胃薬は長期服用が問題の太田胃散を飲んでいたというので少し安心した。夕食後のデザートを止めただけでいいことずくめである。しかし他の方もこううまくいくかというとそうでもない。ある程度の年になると好きな物を食べさせろと必ず言われてしまう。腰痛とデザート、いつも対立している。

2018年4月5日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中