Bスポット療法の注意点

印刷する

Bスポット療法において担当の医者が自分でやっていいと言えば問題はないが、稀に危険なケースがある。椎骨動脈と言って脳に行く2本の本幹の血管の枝だが喉の奥に出ていると、間違って突いてしまうと大変なことになる。動画では左側が拍動している。

2017年4月27日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中