がんの早期発見

印刷する

日本人の半分ががんにかかり、かかった方の半分が亡くなる現実を見ていて、誰もがもっと簡単にがんを早期に見つけたいと思っている。
昔に比べ胃カメラも細くなったし、鼻からも入れられるし、寝ている間にもやってくれる。
大腸も昔は注腸検査と言ってお尻からバリウムを入れるきつい検査をやっていたが、今では3Dで簡単に調べられる。
男性は肺がん・胃がん・大腸がんと死亡原因が続くが、消化器のがん受診率は低く、中々早期発見に至っていないのが現実である。
女性は乳がん・大腸がん・胃がんでマンモグラフィなど痛みを伴う検査が嫌がられている。
そんな中何か新しい方法で早期がんを調べられないかと研究をしている方達がいる。

「がん探知犬」
人間の100万~1億倍の嗅覚を持つと言われている犬に患者の尿の臭いを嗅がせて判定する。ほぼ100%の発見率だが、何処にがんがあるかはわからない。そして犬を訓練するのも大変である。狩猟犬として嗅覚が発達している犬種でも、ひと握りの集中力の高い犬しかなれないという。現実は高い集中力が必要な為日に数検体しか出来ないという。それ以上調べさせると感度が落ちる。
「線虫」
犬と同等もしくはそれ以上の嗅覚を持つ線虫に一滴の尿の匂いを嗅がせ、線虫が集まるかどうかで判定する。これもかなり高い確率で判定出来る。現在がんの識別のために線虫を遺伝子組換えをして実験している。費用もかからず30分程度で出来る。
「唾液」
一滴の唾液の中にでてくるがんの代謝物を見つける。尿より簡単である。

私の師匠はThe Bi-Digital O-Ring Testを使い、がんの時に出てくる粘着物質(integrinα5β1)という物質や、遺伝子が突然変異を起こしたときの物質(8-OH-dG)を検出して早期がん検診で成果を上げている。私自身、20年以上現場を見ているが、がん研などで大体見つかるのが1000人に1人、The Bi-Digital O-Ring Testだと70人、約70倍の精度で見つかる。私自身、自分で手に追えない患者を師匠に送り、何人もがんの早期発見をして頂いた。様子を見ていると大体発症する7-8年前に指摘され、発症したときには極めて大難が小難、無難程度ですまさせていただいている。

やがてはコンビニで唾液や汗などをほんの少量調べるだけで、がん検診が出来る時代がもうそこまで来ている。
これも先人の方達の努力と犠牲のもとに成り立っている。
今年一年、先人を思い親から頂いた身体を大切に生きたいものである。

2019年1月4日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中