トップページ

ブログ

筋肉疲労の回復方法アラカルト

仕事柄、マラソンにスキー、テニスで身体を痛める方は多い。ではそういう方達がどうやって筋肉疲労回復をしているか列挙してみたい。

  1. サウナと水風呂
  2. リンパ・オイルマッサージ
  3. カッサ(専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激する)
  4. 高圧酸素
  5. 加圧トレーニング
  6. 乳酸菌摂取

何がいいかは実験しないとわからない。サウナも水風呂に入らないと回復しないという方やオイルもスクワランや特別なものを使わないと回復しないという方、野球選手ではないが高圧酸素で1番回復が早いという方、加圧にはまっている方、乳酸菌を変えると筋肉疲労のレベルがかわるという方実に様々である。気になる方は一つずつ実験して下さい。

2018年4月23日

赤ちゃんの性別判断

昔から田舎では、「妊娠した嫁の顔がきつくなったから男の子が生まれる。」とか、「お腹が前に突き出ないから女の子だ。」などと妊婦さんを見ては、赤ちゃんの性別当てを噂していた。どこまで科学的根拠があるのかはわからないが、生まれた後で「やっぱり男か・・・。」と自分の予想の高さを自慢している方は多くいた。ネットから少し情報集めてみた。

■男の子
妊婦さんの顔つきがキツくなる
お腹が尖って出る
お腹は横に広がりにくい
後ろから見て妊婦とわかりづらい
妊婦さんの体毛が薄くなる
肌トラブルが多くなる
お肉が食べたくなる
酸っぱいものを食べたくなる
赤ちゃんがお腹の中で横にゆれる

■女の子
妊婦さんの顔つきはおだやか
むしろ顔つきが優しくなる
妊婦さんのお腹が横にひろがる
後ろから見て妊婦とわかりやすい
妊婦さんの体毛が濃くなる
甘いモノを食べたくなる
お腹の中で赤ちゃんがよく蹴る
赤ちゃんがお腹の中で回る
つわりがひどい

やはりこの中でも「顔つき」と「お腹の出っ張り具合」はよく聞く。最近は婦人科で超音波診断装置を使うので、あまりこういう話は出なくなったが、新米妊婦にはこういう噂をよく昔の人はしていたことを知って欲しい。

2018年4月23日
› 続きを読む
   

スタッフ

中島

nakajima_2011a
古典鍼灸治療
元サッカー選手

後藤

goto_2013
鍼灸師柔道整復師
アロマコーディネーター
ameblo