トップページ

ブログ

治療目的の違い

最近若い先生から、「治療技術や考え方などを指導して欲しい。」と言われしゃべっているうちに、ある事に気がついた。
それは「治療目的の違い」である。
わかりやすく言うと、腰が痛い患者に「痛みだけ取ればいいでしょう。」という考え方と、「今後腰も痛くならず病気を避けて、快適に過ごすにはどうしたらいいか。」という考え方である。
痛みだけ取ればいい場合は治療の目的は鎮痛なので、最終的に薬を使えば何とかなる。
しかし今後快適に暮らそうとすれば、食生活や姿勢、胃腸の具合い、脚のバランスから体重の推移、がんの予防や糖尿病、高血圧などと色々指導をしなくてはならない。
そして病気にならないために知恵もあるから色々と勉強して頂かないといけない。
手間はかかるがこうなるとその患者さんを一生診るという事になる。
この考え方で仕事をしているとネタは尽きず、毎回予防など話をしている。
今まで8人に、「先生やめちゃだめだよ。末永くかかるから私が逝くまでは診てね。」と言われ、あと残り3人になった。
1番長い方で38年目間治療している。
治療中は昔話ばかりしている。
「奥様、おばあちゃんが亡くなってからもう10年ぐらい経ちましたか?」
「何言っているの、この間13回忌を済ませたわよ。」
「え、そんなに経ちますか。お孫さんはまだ中学生ぐらいですか?」
「何言っているの、もう来年二十歳よ。」
「え、そんなに経つのですか・・・。」

この治療目的の違いだけで、患者さんとは一生の長いお付き合いになる。
若い先生方にはこの考え方が少し足りないかもしれない。

2019年2月14日

今回はなぜか効かない眩暈

常連さんが数年ぶりに眩暈が酷いという。カルテをみたら2年前にも起こしていて、定番薬メリスロンで治まっている。メリスロンに関しては眩暈が起こってすぐ飲むと効くので、常に持っていると安心だと言っている。ハンドバッグはよく女性は変えてしまうので、小銭入れか財布に入れなさいといつも言っている。今回は飲まなかったのかと聞いたら、「日に3回3日間飲んで効かない。」と言う。身体のメンテは月に1度度定期定期に行っていたが、ここ3ヶ月、田舎で法事やその他で忙しく来られなかったという。肩や頚を診たら最近で1番悪い。これでは薬が効かないわけだと思って、薬の情報を見たら、1回に2錠まで飲める。本人は1錠以上飲んでいけないと思っていた。効かない量を真面目に飲んでいたわけだ。このメリスロンはかなりの眩暈でも対応出来る。余程の病気でない限り、3日間も飲めば大抵良くなる。それが効かないのは量の問題だけである。耳鳴りは難治性が多いが、眩暈はそんなに困ったことはない。薬がなければ売薬でトラベルミンがよく効く。漢方薬の利尿剤を使う方法もあるが、メリスロンだけで大抵治まるものである。ちょっとした勘違いと知識不足で悩んでしまった。そんな解説をしながら肩の治療をしたら、帰りには眩暈が起こらないという。患者は効かない場合に何をして良いか悩む。悩んだに聞いて欲しい。電話1本で済む。効かなかった3日間は長かったと思う。ちょっとしたところに不安材料と安心材料が混在している。悩んだときのために我々がいる。

2019年2月7日
› 続きを読む
   

スタッフ

中島

nakajima_2011a
古典鍼灸治療
元サッカー選手

後藤

goto_2013
鍼灸師柔道整復師
アロマコーディネーター
ameblo