トップページ

ブログ

局所環境論

肩でも腰でも何処が痛くなるかで明確に原因が違う。
腕の使いすぎで肩甲骨の内側、心臓の反応で左の肩甲骨の下、喘息は首の後ろ、寝違いは喘息と同じ場所だが範囲が広い。
腰も甘い物取りすぎで左の腰の上、刺激物の摂取で右の腰の上、ぎっくり腰は腰の下で真ん中、坐骨神経痛はどちらか一側、腸は腰骨の上で左側。
一般的に肩首腰痛と言っても、身体はその原因の違いを明確に表している。
それを正確に読み解くのが仕事だが、想像もつかない話をすることがある。
「この肩の痛みは腕の使いすぎが原因で喘息を誘発している。だからパソコンを控えて、咳の薬を飲むと治る。」
患者さんにしてみると肩に鍼でも打つのかと思ってくるが、それでは治らない。
腰も同じである。
「この左腰痛は腸と甘い物取りすぎが原因、2週間甘い物を止め、乳酸菌でよくなる。」
腰など診もしないし、触りもしない。
腰をいじる必要が全くない。
結局、その場所にどんな反応が出ているのかの局所環境論が大事なのである。
いい例えではないが、父親がヤクザ、母親が泥棒、兄が万引き癖、姉がこそ泥だったら、弟は正しく生きられるだろうか。きっと何か盗みをやるのではないだろうか。だから弟の犯罪を治すのに周りから治す必要がある。
局所環境論である。
これがわかってから治療成績が良い。
あまり医学も細分化だけでなく、局所論で考えると救われる患者が増える。

2018年11月14日

閉経と解放

常連さんが閉経して、もう女ではなくなったのかしらと言う。この閉経に関しては以前師匠から、「閉経は女性にとって解放である。」と教えていただいた。一般的に女性の生理は12才から48才までの36年間である。多少の前後はあるにせよ、50才に近づくと女性の症状は増える。その中で圧倒的に多いのが不眠である。その次にホットフラッシュ、関節の痛み、だるさ等々、不定愁訴のオンパレードである。極端な女性ホルモン低下なら補助療法でホルモンを補えば劇的に良くなるが、乳がんリスクとの兼ね合いで使いたがらない方もいる。50代女性を診ていて、「解放」は幾つも意味があると感じている。まずは妊娠の恐怖からの解放、年代的に子育てからの解放、経済的・時間的な解放、この年になると段々怖いものなしになってくる。そんな話をしたら、「だったら幸福じゃないですか?」と言う。「そう、閉経してから女性は本当の幸福になれる。だから悩む必要など全くない。「じゃ聞くけど妊娠の恐怖があったり、子育て時代に戻りたい?」「いえいえ、今が一番いいです。」「これからもっと幸せになるスタートだよ。」「本当そうですね。」閉経で女性でなくなるといった気持ちになるのはわからないでもないが、真の解放が到来したのである。喜べばいいと思う。

2018年11月13日
› 続きを読む
   

スタッフ

中島

nakajima_2011a
古典鍼灸治療
元サッカー選手

後藤

goto_2013
鍼灸師柔道整復師
アロマコーディネーター
ameblo