■検索のコツ
・癌は「がん」で検索してください。
・めまいは「眩暈」でも検索できます。
・「鬱病」「Bスポット療法」「電磁波」「新米ママ」「坐骨神経痛」「膝痛 熱」「ウィルス」「荏胡麻」「乳酸菌」「ビオフェルミン」「鼻炎」「The Bi-Digital O-Ring Test」「牛乳」「甘い物取りすぎ」「刺激物の摂取」などで検索してみてください。

ブログ

肩を楽にする方法

薬剤の専門家が、「肩をまとめて楽にする方法はない?鍼灸はピンポイントだし、マッサージ以外の方法で。」と聞いてきた。「基本的に我々の治療は刺激療法です。だから『どんな刺激』を『どれだけ』がポイントです。まとめて楽にするのにミオナール(筋弛緩剤)を毎回使うのも嫌だし、ピンポイントでなければカッサ療法と言って皮膚を擦る治療はあります。少しミミズ腫れを起こしてそこを修復する際に、肩こりも良くなってしまうというやり方です。あとは吸角や瀉血、患部に蜂を刺すやり方、マウスピースや鼻炎から治す方法、骨格のゆがみなら骨盤や仙腸関節、足のアーチから治す方法。お腹の問題から肩こりになるので胃薬や乳酸菌、葛根湯みたいに血流剤を使う方法。岩盤浴やサウナのように温熱効果を狙うか、逆に冷凍療法で冷やす、そして快復力を待つか高圧酸素を使うなど色々と考えられますが、結局は肩こりが何からきているかの原因を突き止め対処するか、患部に何かの刺激を与えて血流改善を狙うかです。そのために刺激の種類が変われば身体の反応は変わります。よく患者さんで『首のここは鍼を打って、お腹のここは灸、背中は揉んでください。』という方がいますが、おそらくその症状に対して刺激が変わると身体の反応が変わり、本人が感じる治癒のレベルが違うのだと思います。例えば鍼を打つと脳内の麻薬が出て痛みにいいとか、灸は白血球が増えて炎症を鎮める物質が出るとか、マッサージは皮下の脂肪や筋膜に刺激がいって何か物質が出るというように変わるのだと思います。そして最後はどの刺激がいいかは患者の好みです。このやり方を中国では3000年やっています。」こんな話を1時間していたら、時間切れになってしまった。たった肩一つ楽になるにも長い歴史と経験や種類、考え方があるものだと改めて感じた。

2019年6月17日

過酷な生活と帯状疱疹

病院勤務時代に救急だったので、骨折の患者はよく来ていた。場合によっては数ヶ月もベッドに寝ているとよく帯状疱疹を起こしていた。医者に、「帯状疱疹は免疫が下がると起こる。」と言われ、患者本人にしてみると、「骨折してから安静ばかりで無理はしていない。それでも免疫が落ちるとは不思議。」とよく言っていた。今日来た常連さんも眉の痛みを訴え、段々痛くなったので診てもらったら帯状疱疹だった。この方は10数年前に腰痛で来ていて、その後治り、症状もないが取り敢えずお腹と脚をよく治療していた。症状がないので色々な話をしていく中で、かなり寺子屋の生徒ととしては優等生であった。本人にしてみればこれだけ真面目に通って帯状疱疹とは何事だと思うだろうが、我々からしてみると楽のしすぎである。おそらくその方の今の生活を江戸時代の方が見たらお姫様以上であろう。冷暖房は完備、風呂はスイッチで沸くし、外出して寒ければタクシー、ヒートテックを着て、肉体的に辛いことは何もなく、お金も時間もある。過酷な生活をすると身体は膿を持つ。昔は鼻垂れ小僧や盲腸が多かったが、あれはすべて身体の中の膿である。逆に楽をしすぎると今度はアトピー性皮膚炎やアレルギー性が起こる。身体は生かさず殺さずがいい。適度な過酷さと休息、どちらだけでもダメである。いつかこの話をこの方にしようと思っていたが、今回の帯状疱疹で話が出来た。

2019年6月17日
› 続きを読む

症状別

 

動画

スタッフ

中島

nakajima_2011a
古典鍼灸治療
元サッカー選手

後藤

goto_2013
鍼灸師柔道整復師
アロマコーディネーター
ameblo