トップページ

ブログ

五十肩とステロイド

最近、五十肩の方が多い。ある患者さんが、「ステロイドは打てば効くと言うし、打ち過ぎはダメだという。私の場合はどうしたら良いのか?」なるほど、こういう質問はもっともである。こういう場合は私自身、次のような基準を持っている。

  1. レントゲンを撮って石灰沈着と言われ、痛みが強ければ1回はステロイド注射を打つ。
  2. その後痛みがよくなれば良いが、また同じような痛みが出たら、2-3回まで試し、その後は少し注射を考える。
  3. 痛みのレベルが強くなく、肩関節も動くようならリハビリで様子を見る。

以前病院勤務の薬剤師の先生が五十肩になった。多少我慢したが、痛みがあるので来院され、「なかなか治らなくて困る。どうしたら良いの?」「先生、レントゲンは取りましたか?」「まだ。」「では撮って下さい。場合によっては注射になります。」その後レントゲンを撮って、明らかに石灰沈着で医者がステロイドを打った。「あのステロイド注射効いた。すっかり治ったと思ったら、また最近痛む。2回目打っていいの?」「何割、痛みが取れたのですか?」「8割」「どうしても辛いときは打ってもいいと思いますが、でしたらあとは注射を打たないでリハでやりましょう。」

これは病院職員だから出来たことかもしれませんが、ただ打てば良いというものではなく、打たずに我慢すればいいというものでもありません。何事もさじ加減が大事です。

2017年10月19日

難しい後頭神経痛

以前から後頭神経痛の治療には悩んでいる。定期的に通っている方が殆ど良くならないので、下記の通り治療法や検査の見直しの話をした。

  1. 筋肉の問題として捉える-CT・MRI・超音波で検査
  2. 炎症として捉える-血液検査
  3. がんを疑う-CT・MRI・血液検査
  4. 噛み合わせを疑う-マウスピース
  5. 骨格のゆがみ-インソール
  6. 無呼吸症候群-入院検査・CPAP
  7. 神経痛として捉える-神経ブロック・筋膜リリース
  8. マイコプラズマ・ファーメンタンスを疑う

これぐらいしか思い浮かばないが、10数回治療して成果が出ない方の場合は一度ガラガラポンをしてゼロベースで検査治療が必要だと思う。

2017年10月17日
› 続きを読む
   

スタッフ

清水

shimizu_2011a
パーソナルトレーナー
運動指導
元プロボクサー

中島

nakajima_2011a
古典鍼灸治療
元サッカー選手

後藤

goto_2013
鍼灸師柔道整復師
アロマコーディネーター
ameblo