キーワード 歯列矯正

右首の痛みと歯列矯正

常連さんの右首の痛みが何回治療しても取れない。腕の影響、肋骨の影響、頭皮の状態内臓の反応、骨盤の調整、脚からの影響など色々やってみるが、又必ず痛みが戻る。ドンピシャの原因を探り出せていない証拠である。話を詳しく聞いていたら、「歯列矯正をしていて先日ワイヤーを締めたんだけど、左ばかりで噛んでいるから少し右でも噛めと言われた。」と言う。もしかして右首の痛みは左ばかりで噛みすぎた事が原因と思って、左のこ…

歯列矯正していても楽しめるディナー

常連さんが結婚式にお呼ばれで明治記念館に行ってきたという。またまた歯列矯正中であまり食べられないかと思っていたら、すべて美味しく戴けたという。理由はどうも、明治記念館のシェフがお年寄りにも美味しく食べられる工夫をしていたようだと言う。この常連さんも自分が歯列矯正をしていなければ気がつかなかったと思うと言っていた。以前テレビで観たが、何処かの介護施設で社長が、「入居者が食事を残す。どんな方にも美味し…

歯列矯正とセロトニン、抗真菌剤の話

以前から治療している小鳥タイプの方が、ここ数ヶ月なぜか調子が悪いという。食欲はあるし、精神面も問題がないのに理由がわからないという。詳しく問診してみると去年から歯列矯正を始めたという。お腹を触ると胃と腸がかなり硬い。歯列矯正で多少の痛みもあり、よく噛めないことがわかった。良く噛まないで胃にものを送れば胃は怒る。怒った胃が腸にいい状態で物を送れるわけがない。結局腹圧が上がり、その影響で腰は治らなかっ…

歯列矯正で別人

我々が治療していても歯の治療をされると簡単に効果がなくなってしまう。これは経験的に分かっているので、重症の方はまず歯の治療を終えてから来てもらうようにしている。顔面神経麻痺で通っていた方が、歯列矯正中で以前より頭痛が減ったと言う。歯と頭痛は密接な関係があり、歯を治すだけで頭痛がなくなる可能性は高い。しかし歯列矯正中は色々な問題が起こる。まずはワイヤーでの締めつけの痛み、歯が移動する違和感、そして噛…

薬をペンチで砕く話

常連さんの身体を診ていたら、珍しく胃炎の反応があった。どうしたのか聞いたら、「この連休中に歯茎が腫れて酷い目にあった。抗生剤と痛み止めと普段から飲んでいる頭痛薬ですっかり胃を壊してしまった。」と言う。それに困ったことにこの方は錠剤とカプセルが飲めない。錠剤は粉にカプセルは中身を出してしまう。中には硬い薬があって、クラッシャーで粉に出来ない場合はペンチを使うという。薬の中には胃酸や膵液などで溶けない…

歯を治すと扉が押せる話

我慢強い方で慢性の首のこりの方が来た。首が悪い状態で長引くと「鞭打ちの後遺症」と私は言っているが、下記の写真に腕の筋肉に反応が出る。これは触っただけでおおよその年数がわかる。今日の方は20年位なので、「我慢し続けたでしょう?」と言ったら、「父親が我慢強くて、そこは継いでしまった。」と言う。原因を調べてみたら完全に顎関節症で、高校生の時に歯列矯正をしたままほったらかしだという。逆算したら22年前だっ…

噛み合わせ

まず歯から いつも手の使いすぎで関節痛を訴えてくる方が、今日は手の平が痛いという。調べてみると背中が硬くて、おかし いと思って聞いたら、入れ歯の調子が悪いという。本人、入れ歯と背中、手の痛みが結びつかないだろうから説明した。歯の噛み合わせはとても大事である。鬱 病でもがんでも、免疫関係、身体の何処に痛みがあっても歯は一番最初に治してもらう。我々が治療して、少しでも歯がおかしくなると我々の治療効果は…