後鼻漏について

後鼻漏の患者さんは多い。詳細は下記を見て頂くとして、何が問題か少し書いて子みたい。

https://www.ginzaclinic.com/s-koubirou/

まず慢性的に咳をしている。喉が絡む感じで派手な咳ではないが、いつも喉の調子が悪そうである。次に慢性的に喉の違和感を訴えてくる。風邪を引きやすかったり、酷くなると肺炎まで出てくる。次にいつも鼻水を飲み込んでいるので食道や胃腸炎を訴えてくる。胃腸炎が長引けば坐骨神経痛まで起こす。病院で検査しても中々引っかからないが、何となく調子が悪いという。こんな状態が続けば免疫は下がり、首の違和感は慢性となり、耳の症状や頭痛まで出てくる。患者さんの中にはどの耳鼻科に行っても、「あ、後鼻漏ね。」でカルテに書くだけでこういう治療があるとは言ってくれないので、治らないものと諦めている方は多い。治療も耳鼻科だけでなく、歯科、内科など総合的に診ていかけなればならないが諦めてはいけない。この慢性後鼻漏はほおっておいても治らないし、出来る努力はすべきである。当院ではEAT(Bスポット療法)を勧めている。中々一般耳鼻科でやってはもらえないが一番効果がある。自宅では鼻洗浄やネブライザー、寝るときのマスクや口テープなど駆使して完治を目指して欲しい。

image_print印刷する