ほんの少しの甘い物、古傷、筋トレしすぎ

常連のご隠居さんがすこぶる健康的な生活をしている。3食を2食にし、夜は早く寝て、早朝から散歩にジム、水泳と余念がない。しかしどういうわけか右坐骨神経痛が治らないという。以前この方は甘い物取りすぎで腰痛を指摘していたので、甘い物(特に食後のデザート)に関しては大分セーブしている。身体を診ると、ほんの少しだけ甘い物を食べている。左腰を診ると古傷が反応していて、足まで硬い。太腿を診ると筋肉痛がある。「ジムは週2回ですか?」と聞くと、「いや、4回は確実行っているる」と言う。どう見ても軽い筋肉痛で回復が追いつかない。本人はこれ以上健康的な生活はないと思っているのだろうが、我々見ると少しだけこの3つが度を越えている。気持ち甘い物を減らし、古傷をケアし、ジムを週2回にすれば全く問題がない。ほんの少しのオーバーが合わせ技1本で悪いことをしている。これでは気がつくわけがない。時間があり、健康意識が高い方でこのパターンの方は沢山いるのではないだろうか。何でも程々で度を超えれば腰は痛くなる。本人に説明したら、「そんな事が起こっていたとは全く気がつかなかった。」と言っていた。

image_print印刷する