予防接種・ワクチンについて

当院は比較的、新米ママが多いので以前から「予防接種・ワクチン」の話題はよく出ていて、下記のような話しがよく出ていました。

「本当に予防接種って受けないといけないの?色々と問題あるし・・・。」
「予防接種を受けていなかったら幼稚園で白い目で見られた。」
「子宮頚がんワクチンは義務じゃなくなったけどどうして?」
「今日本に、はしかとか日本脳炎いる?」
「インフルエンザは受けると軽く済む?」
「『定期接種』が義務で国費で『任意接種』が受ける義務はなくて自費?」
「『定期接種』を受けないと役所から何度も言ってくるし、時期がずれても打つべき?」

中々すべての疑問に正確に答えることは難しいと感じていて下記のような話をしていました。

1.まずワクチンですが、本来赤ちゃんが自然に感染して抗体(病気に対して抵抗力)を作れれば必要ありません。病気の種を少しだけ身体に入れて、抗体を作るのがワクチンです。だからワクチンにはウィルスや細菌が入っています。
2.ワクチンを打ってもその病気に対して一生大丈夫ということはありません。
3.ワクチンの効果は100%ではありません。必ず副作用があります。
4.予防接種は年々増えていますが、昔の病気で今は必要のないと思われるものがかなりあります。
5.ワクチンを強くするために「アジュバント」という増強剤を入れますが、問題がないわけではありません。
6.予防接種では乳児死亡率の話がよく出てきますが日本は世界的で最低(安全)です。
7.子供の発熱はウィルス・細菌と闘っているので解熱剤は考えものです。痙攣や下痢が続く場合は病院に行きましょう。熱で脳がやられることは殆どありません。
8.四種混合ワクチンのジフテリア、百日咳は抗生剤で治せます。
9.破傷風ワクチンは予防のためのものです。
10.ポリオは生ワクチンでの感染の危険もありましたが、外国に行かない限り日本では危険性がありません。
11.はしかは高熱は出ますが、亡くなる方はいません。
12.日本脳炎も蚊が日本脳炎ウィルスを持っていなかったという話を聞きました。
13.インフルエンザワクチンは必要なしと思っています。

今回、たまたまこれぞ決定版という本を見つけましたので、ご紹介致します。

子どもと親のためのワクチン読本 知っておきたい予防接種
母里啓子著 双葉社

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4575314579/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

image_print印刷する