親の認知症は【食事】で予防できる

以前から東京医科歯科大学の藤田紘一郎教授の著書は読ませて頂いている。腸や寄生虫の第一人者で、「蟯虫をゆっくり飲み込み飼い、9代目を『キヨミちゃん』と名付けた。」が有名である。連作で腸の話が多い中、今回は「痴呆症」について書かれた書評がきた。下記はその抜粋である。

■親をボケさせないための方法<抜粋>
朝食を抜く 
朝食の代わりに「MCTオイル」入りのコーヒーを飲む 
昼間、カルシウム入りの天然水を飲む 
朝と夜、軟水の水を一杯だけ飲む 
散歩は24分ほどでいい 
甘いお菓子は食べない 
食事は野菜から食べる 
週二回、肉を食べる 
お酒は毎日二杯ほど飲む 
薬味を一杯とる 
調理油は「EVオリーブオイル」に変える 
「米ぬかパウダー」を活用する 
亜麻仁油・エゴマ油をサラダに 
ぬるめのお風呂に入る 
親の「マイ乳酸菌」を知る 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000476.000026633.htmlより引用〉

これを見て、以前から実践していることが多いと気がついた。おそらくこれに「口腔ケア」を入れれば万全ではないか。認知症の薬開発を製薬会社が断念した今、是非学んで欲しい。

 

image_print印刷する