2006年11月20日 第25回発表資料

村田「筋肉繊維に対して直角に交差する刺激は?」
花田「井穴からの腰部反応変化を検証」
田中「知覚異常性大腿痛について」

 


 
井穴からの腰部反応変化を検証      はなだ

引き続き足からのアプローチ。刺激手段による反応の違いも検証したい。

腰部対象穴は志室・腎兪とする。

被験者の状態によって結果が大きく左右されるので、今回の結果はあくまで参考の範囲となる。

◆刺激手段は以下の三種類

イ.金属粒の貼り付け

ロ.糸状灸

ハ.手技

◆刺激箇所

image002khkh

______  ______  ______

______  ______  ______

◆参考資料

五行色体表

小腸 大腸 膀胱
口唇 耳・二陰
血脈 肌肉 皮膚

 

image003liflfl

相生・・・促進     相克・・・抑制


 

 

知覚異常性大腿痛について    東洋鍼灸院 田中俊男

前置き:
たまたま「外側大腿皮神経痛」の患者が続いたので、すこし研究した。
今までの経験で坐骨神経痛と違い、治りにくいのが特徴で初診の時に image001jjkk
「あまり期待しないでください。半分まで良くなればいいと思ってください。目標は完治ではなく
日常生活で気にならないレベルです。」と前置きをしてしまった。

それぐらい今まで治療させていただいた方達の成績が悪い。
今回勉強して多少でも治療成績を上げたいと思い、発表する。

解剖:
外側大腿皮神経はL2-3腰神経前枝の後部から起こる知覚神経である。
腸骨筋を横断し上前腸骨棘の下方に達して、前枝・後枝に分かれる。
鼠径靭帯の下で筋裂孔の外側部を通り抜け、前枝は鼠径靭帯の
下方約10cmのところで大腿の皮下組織に現れ、膝までの大腿外側部と
大腿前部の皮膚に分布する。
後枝は大腿外側面と後面を後方に走り、大転子の高さから大腿中央部までの皮膚に分布する。
<ペインクニリック引用>

image00hthtsr grggr

■神経ブロックの場合
■大腿神経の破格に関して

治療法:
神経ブロックの刺入点を参考に鍼で出来ないか?

推薦病院:
山本クリニック
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/

応用編:
The Bi-Digital O-Ring Testを使い、絞扼(こうやく)部位の特定や
外側大腿皮神経のimagingできないか?