治りかけにかかった医者が名医

風邪を引いたときなどはまずは近場の医者に診てもらう。症状が悪化すれば大学病院。それでも治らないと少し遠くてもお世話になっている先生に診てもらう方は多いと思う。風邪などのウィルス感染症には勢いがあって、風邪の引き始めからある程度の期間は、上り調子に症状は悪化する。悪化するので大学病院で診てもらうのだろうが、それでも良くなっていないときには、既にある程度時間が経過している。ウィルスも減退期に入り、いわゆる治りかけの状態になっている。そんな時お世話になっている先生に処方して頂くと綺麗に治る。我々から見ると、「治りかけに診た医者がたまたま名医」となるわけである。以前、患者の運という話を書いたが、医者にも運がある。どんな状態の時に診たかによって、名医かどうかの評価が分かれてしまう。医療には、裏で患者さんが気がつかないうねりのようなもとが確実にある。運が違う同士のめぐり逢いなので、不思議なことがいくらでも起こる。

image_print印刷する