本格的便秘対策

女性で便秘の方は多い。自分が1-2日出ないと何故かもっとひどい友達に相談して、「最近1-2日出なくて困る。」と言うと、「そのなの、どうって事ないわよ。私なんか、大抵3-4日に1度酷いと週に1回。」と自分より酷い方と比べて安心してしまう。我々から見たら毎日ちゃんと出る人に聞けばいいのに、耳障りのいい方に聞いてしまう。では本格的に便秘治療をするには何から手をつけたら良いのだろうか?すこし列挙してみたい…

減薬のコツ

これは師匠から聞いた話だが、減薬にはコツがあるという。例えば鬱病の場合、いきなり薬を止めるのではなく、徐々に止めるソフトランディングにしないと悪化してしまうと言う。例えば薬を2錠からいきなり1錠にするのではなく、1.75錠にするといいらしい。1.5錠なら薬を半分にするドラッグカッターがあるが、1/4にするには薬をフィルムから出さずに、カッターで切って戴ければ薬は飛んでいかない。1.75錠を1週間程…

動くなら食べろ、動かないなら食べるな

「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな。」は有名な交通標語で、お酒と車の関係を短い言葉で表している。新型コロナウィルスの影響で最近は運動不足と食べすぎの方ばかり診る。ブログでも、コロナ生活で身体のここがやられると書き、落ちない食欲、腸への影響でハムストリングがやられると書いた。では一体どう考えたら良いのだろうか?身体はある程度食べ過ぎていてもきちんと、エネルギーを使って頂ければ何の問題もない。しかし外に…

定年後の男性のバイト-犬の散歩業

以前から、男性が定年したらやることは、「家事」か「バイト」の2つしかないと言っている。「家事」は料理以外全て。買い物や食器洗い、掃除、洗濯すべてをやる。ご主人が定年後家にいて女性が1番腹立つのは、買い物を終えてさあこれから冷蔵庫に入れたり、肉や魚の処理をしなければと思っている時に、「お茶」と言われる事だ。これはカチンとくるらしい。テーブルの上には全てお茶が入れられるようになっているのに、「入れて欲…

旅行に行くときの準備

今は中々、旅行にはいけないが何を準備したら良いのだろうか、少しまとめてみた。 急な発熱、痛み-飲み慣れている鎮痛剤-バッファリン、セデス、ロキソニン 消化不良で胃薬-大正漢方胃腸薬、サクロン、太田胃散、ブスコパン(強烈な胃痛) 便秘・下痢-便秘薬、正露丸、乳酸菌 眩暈・耳鳴り-トラベルミン 腰痛-冷湿布 脚がつる-芍薬甘草湯 捻挫-アイスノン、包帯、紙テープ、テーピング 喉・咳対策-マスク、駆風解…

パソコン病のとなりは鬱病

以前からパソコン病については何度も書いている。原因は腕のこりで腕は自覚が出ないから、首や肩がおかしくなる。そうなれば当然、頭の血行不良が起こる。パソコンのやり過ぎでストレスがかかり胃がやられ、腸までおかしくなる。頭の神経伝達物質は腸で作るから、益々頭が働かなくなる。これが続けば簡単に鬱病になれる。だから我々は腕のこりを診ると、「この方、鬱病大丈夫かなぁ。」と思ってしまう。患者はただ首が痛いとしか言…

コロッケと寝違い

常連さんが寝違いで左首が痛いという。何をしたのか聞いたら、「新しい店でコロッケを買って食べて、ソファで寝たぐらい」と言う。この話を聞いてすぐにピンときたのが、「コロッケを食べる前に少し胃炎があり、新しい店のコロッケの油が合わず胃がやられたところに、ソファで寝てしまった」と思った。話を聞いたら、「少しコロッケを食べた後胃にきた」と言う。胃を壊すとその反応は左の肩や首に出る。ソファで寝なければ何とかな…

パソコン病の思い出話

これは大分前の話だが、インターネットが発達し始めた頃、常連の外人さんが首が痛いと言って来た。話を聞くと、あまりの首の痛さに救急車で運ばれ調べたが、何も検査では引っかからず、痛み止めも全く効果がなかったという。そのあとうちに来られ首の治療をしたが、「no change 変化なし・痛みは変わらない」と言っていた。仕方がないので、「では次回いつもより多めに時間を取って下さい。全身診ますから」と言って帰し…

年12回の治療の配分

以前経理の先生が、確定申告の時期(1月~3月)になると激務になり、酷い肩こりを訴えてきた。あまりに酷いのである時、「忙しい時期に集中して治療するより、月に一度定期的にやってみたらどうですか?」と提案したら素直に受け入れ、酷い肩こりがなくなってしまった。今まで酷い時と比べて月に一度定期的になったら辛さが半分になってしまったという。当院ではこれを「誕生日日 たんじょうびび」と言っている。自分の誕生日の…

キズ治療

患者さんの中に新型コロナウィルスのワクチンを痛かった肩に打ったら、肩が楽になったという人がいたと報告を受けた。 我々が本来やっている治療自体がそうだが、身体に何らかの刺激を与えて騒ぎを起こすことである。 鍼で刺したり、灸で火傷をさせたり、指圧で押したり、もちろんツボは大事だが身体の一部にキズをつけているわけである。 キズをつけられれば身体は修復しようと血液を集めたり、白血球を増やしたりと忙しい。も…

馬力について

70代の常連さんが、「最近何をやるにも億劫、馬力がなくてね・・・」と言う。70代になり生活に何も困らなければ、確かに馬力は出ないであろう。余程自分が病気だとか、身内に何かあれば別かもしれないが、仕方がない部分はあると思う。どうしても30代みたいな元気は出ない。ある意味それだけ困らないわけである。以前師匠から、「50代60代になると男は今までの経験で仕事はこなせてしまう。だから勉強しなくなる。それで…

患者さんが求めているのは医療

以前、医学と医療でも書いたが、患者さんが求めているのは医療である。例えばリウマチを患っている場合、病院に行くと、「この患者はリウマチ」というレッテルを貼られる。リウマチだから○○の検査をして、リウマチだから△△の薬を飲む。リウマチだから□□は仕方がない。これは医学であって、医療ではない。医学で病気を追っかけると人が消えてしまう。その方が何を感じ、何を思っているかは大事ではなく、どう病状が変化したか…

鍼灸と女優さんの手

常連さんの息子さんが鍼灸の学校に行きたいという。私が学校を卒業したのはもう今から40年近く前だから当時と事情は全く違って、当時倍率は11倍ぐらいで入学してから、「君は誰のコネで入ったの?」と聞かれ、「え、何もないです。」と答えたのを覚えている。後で分かったことだが、当時は狭き門だったので、コネだけで定員の3倍になっていたそうである。その後鍼灸関係の学校は増え続け、今では定員割れを起こして何処も生徒…

考えるな、聞け

最近は患者が自分の症状に対して色々と珍説を言ってくることが多い。常連さんが「お尻が痛いのは筋肉が衰えたせいかもしれない。」というので調べてみたら、単に腰の状態が悪く坐骨神経痛を起こしていただけ。ガリガリに痩せた人が言うならまだ分かるが、中肉中背の方の場合は、初めに坐骨神経痛を疑う。患者をこのままにしておいたら、「筋トレのためにジムに申し込まなければ・・・。」となって、おそらく通っても治らないであろ…

LINEを導入している理由

現在300人以上の方とLINEでつながっている。こちらとしては目的が2つある。書いたブログを送って、「こんな事があったんです。知らなかったでしょう。」という教育目的と、もう一つは軌道修正である。以前紹介で来た腰痛患者が、初診で痛い方の腰の治療のあと、反対側が辛くなってしまったという。患者は、「紹介されて行ったし、先生には言いにくいし・・・。」という心理が働いたのであろう。結局そのまま黙っていて、3…

右肘痛と胃炎

常連さんが転んで右肘を打ったという。レントゲンで異常はなかったが、最近は右肩まで痛くなってきたという。これ自体はよくある話なのだが、我々時々難治性の肘痛の方を診る。色々と調べても異常が出ず、ただ痛がる。注射で楽になれば良いが再発する方は多い。たかが肘痛だが実に難しい場合がある。テニスや野球なら原因が明確なので治療法は確立しているが、打撲だと思いもよらないツボを取らないと治癒しない場合もある。あと本…

頭の働きと人間関係

鬱病の方などによく頭の神経伝達物質アセチルコリンの量を、Bi-Digital O-Ring Testを使い測っている。時々免疫のレベルが低いのに頭だけ回っている方を診るが、そういう方の治療をして体調が良くなると、大抵アセチルコリンは上がる。アセチルコリンは記憶や頭の働きに関わるので、仕事などでは色々な細かいところまで気がつくようになる。しかしこれには少し困った事がある。仕事で頭が回るのは良いことな…