中性脂肪を下げるために

印刷する

常連さんが血液を調べてもらったら中性脂肪が高いといわれ動揺している。数値を聞いたら350mg/dlだという。正常値が150mg/dlだから高いと言えば高いが、我々からするとほんの少しの過食程度の話である。私自信、酷いときに中性脂肪が600mg/dlまで上がりさすがに夜食とお酒を控えた。肝臓のエコーも見せられて、「こんなに脂肪がたまっている。」と医者に言われたという。まず中性脂肪というが高くなる原因は、動物性の油を取る以外にお酒や糖分がかかわる。食生活を聞いたら外食は多いし、刺激物が好き、ビールも飲むし、寝しなにも食べるという。これでは太る。中性脂肪も上がる。生活での注意事項としてやって良いことと駄目なことを指導した。

■やって良いこと-蛋白質や繊維のものをとる。お酒はハイボールに変える。

■気をつけること-白米、パスタ、脂っこい食事、ビール

この内容は基本だが、サラダにもドレッシングではなくヒマラヤ岩塩、肉を食べるなら炭みたいので焼き油を落とす。デミグラスや濃い味のソースではなく、わさびや大根おろしをかける。刺激物の摂取で必ず食欲が出て白いご飯を食べたくなってしまうので、気をつけるようにという指導をした。煮込みなども好きなようだがこれではお酒がどんどん進み結局、糖分の過剰摂取になってしまう。1ヶ月後に又採血をすると言っているが中性脂肪の数字が楽しみである。

2018年3月3日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中