完治しない場合の対応法

印刷する

長年治療しているとなかなか完治しないことを体験する。
特に肩関節は我が儘な関節で100点以外認めないという性格を持っている。
桶と同じでたった1枚壊れているだけで水が漏ってしまうのと同じで、肩関節は99点でも痛みを強く出す。
ではどうするかというといくつか方法があるのでお話ししたいと思う。

1.9割以上良くなっているのなら、準卒業して気になる時だけ治療する。
2.何が何でも100点を目指し、痛くない方の肩も含め全身を治療する。
3.肩以外の例えば足に負担をかけて、そちらの症状で肩の辛さを紛らす。
4.時間薬で気長に待つ。
5.痛みの出ない範囲しか使わないようにして、こんなものと割り切る。

世の中には完璧主義者がこんなにいるのかと感じることがあるが、日常生活に問題がないのなら、程々、大体でいいと思う。

2015年8月1日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中