手術と完治

印刷する

これは以前病院で体験したことだが、腰椎椎間板ヘルニアの患者さんが痛みとシビレで悩んでいた。医者が手術を勧め画像で色々と説明をして、「この椎間板が悪いことをして、痛みとシビレを出している。手術で取れば良くなる。」ということで手術を受けた。しかし術後、痛みは取れたがシビレが取れない。患者はすっかり完治するものと思っていたので、「先生お陰様で痛みは取れたのですが、シビレがダメです。僕は手術で両方完全に治ると思っていました。」というと先生が、「手術は大成功。その証拠に痛みは取れたでしょう。しかしシビレが残ったということは手術したところ以外に原因があるかも知れない。リハビリ頑張って。」「しかし先生、椎間板が圧迫しているからシビレも起こると説明を受けました・・・・。」「手術は成功です。良くなるとは言いましたが、シビレが完全に取れるとは言っていません。あとは色々と治療して良くなれば良いですが・・・・。」「・・・・・。」この会話はよくある。患者は手術で完治すると思っている。医者は手術が成功したかどうかが問題で、症状が完治するかどうかは本人と他の原因が絡むと思っているから、良くなるとは言うが完治とは言わない。このギャップが術後に起こる。手術を控えている方はよく先生にこの症状はどこまで改善が見込めるのか、先生の本音を引き出さないと術後に問題が起こる。どうしても患者が期待する気持ちは分かるが、メスを持つ先生の本音を知ってからでも冷静に同意書にサインしても遅くはない。

無題2

2016年4月23日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中