植物はモーツァルトが好き

印刷する

以前読んだ本の中に下記のような実験の事が書かれていた。

「ある植物に真上から光を当て、何もしなければ葉は真っ直ぐ上に伸びる。しかし右側からベートーベン、左側からモーツァルトを聴かせると葉が皆左側に向いてしまう。右左を逆にしてもモーツァルト側に行ってしまう。どうも植物は音を聞いていてモーツァルトが好きなようだ。ベートーベンの中でも特に第九の運命は嫌われている。」

嘘みたいな話しだが本当である。
おそらくモーツァルトの曲の周波数がかかわっているのであろう。
以前テレビで料理を美味しくするコツは、鍋に向かって「愛情!!」と言うそうだが、満更嘘でもなさそうである。
以前乳がんの方ががん細胞に向かって、「あなたを殺すようなことはしないから、お願いだからあまり暴れないでね。」と言いつづけたと言う。
私自身はとても効果があったと思う。
植物やがん細胞が音楽や人の想いを感じていると私自身は考えているが、やがて科学で証明出来る日が必ず来る。
自宅でベートーベンを聴いていたら花が咲かないとか、がん細胞に話しかけない治療なんて考えられないなどといったことが将来常識になるのではないだろうか。

2017年6月24日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中