減量のコツ

印刷する

減量に取り組んでいる方は多い。腰痛や膝痛、がんの術後の免疫治療やアトピー性皮膚炎、喘息と減量により改善する症状は多い。当院では「減量」のパンフレットを作ってあるので詳細は参考にして欲しい。色々な方を診ていると減量にはどうもコツがある。いくつか披露したい。

1.まず、月に2kg以上は落とさないこと。これは体重が100kgの方も70kg方も同じである。初めは頑張り月に4kgぐらい落とす方がいるが、大体リバウンドする。逆に落としすぎると食べて欲しいと指導する。
2.食べ物を減らしても体重は下り坂のように落ちない。階段を降りるようにある一定期間変化しない。その後にスイッチが入ったように落ちる。だから体重が変化しないからと言って落ち込む必要はない。
3.減量中に1度か2度失敗した方がいい。よくあるのが年末年始はどうしても減量できない。逆に体重が増えてしまう。その後焦ってまた食事を減らすということがよくある。すこし凝りたほうが、結果的にうまくいく。

減量前にこれだけのことがわかっていると大分気持ちが楽だと思う。

 

 

2016年3月30日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中