謝ると許してくれる身体

印刷する

以前から、身体には2人いると言っている。
1人は本人の気持ち、もう1人は身体の本音。
人は気持ちで行動する。
身体の本音で動ける方は殆どいない。
例えば疲れているのに接待ゴルフが入っているときは、身体はやりたくないがやってしまう。
「だって仕事だもん。」と言っているのは本人の気持ちである。
しかし度を超すと身体からしっぺ返しを受ける。
腰の痛みが取れなかったり、足がシビれたままになったり・・・・。
身体の本音を無視し続けると終いには、仕事をさせてもらえなくなる。
身体はやる気をなくさせたり、痛みを出したり、内蔵の機能を止めたりは簡単にできる。
ありとあらゆる手を使って止めにかかる。
そんなときに有効な手段が、身体に謝るということだ。
例えば運動をして腰が痛くなったときに、「ちょっと無理してごめんね。今晩お風呂には行って明日の練習は休むから機嫌を直して。」と言うと、硬い筋肉がほぐれやすくなる。
漫画みたいな話だが事実である。
身体の本音は本人の気持ちをよく知っているので、こんな状態でまだ仕事を続けるのかどうかは分かっている。
続けられると困るから警戒しているわけだ。
しかし本人から詫びが入ると、「そう言うなら少し痛みを出さないようなしてもいい。」と許してもらえる。
何となく長年連れ添った夫婦みたいな関係だが、決してこれはおとぎ話ではない。
思い当たる方も多いのではないかと思うので、一度身体に謝ってどうなるか是非実験をして戴きたい。

2017年5月4日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中