電磁波について

印刷する

今まで数百人に電磁波の影響をしゃべってきたので、うちの常連さんには浸透しているだろうと思ってある方に、「電気毛布はもちろん使っていないよね。」という話をしたら、「使っている。」という。
「え、しゃべらなかった?」と聞いたら、ブラジャーのワイヤーと黒い下着は聞いたが、あとは知らないという。
こっちがビックリして多くの方に情報を正確に伝える難しさを痛感した。
てっきりメルマガで送っていると思ったら、電磁波に関してのまとめがないことを指摘され、良い機会なので電磁波についてまとめたいと思う。

先日、乳がん再発の方の自宅を調べたら、電磁波ヒーターなる物が置いてあった。
その右横で長い時間座っているという。
早速その場所を調べたら、飲んでいる薬がすべてキャンセルしてしまう事がわかった。
これではいくら治療しても無駄だということになり、そのヒーターの処分と冷蔵庫の移動の指導をした。
電磁波ヒーターは温風も出ず、静かで、機械自体が熱くもならず、安全・クリーンという触れ込みだが、我々から見ると怖くて使えない。
両親にも買ったそうだが、父親がやはりがんになってしまったという。
健康に良かれと思った物でも、オーリングテスト的に見ると逆の物が多い。

特に若い方で狭いワンルームに住んでいる方は下記の注意が必要だ。

寝室にテレビは寝るときにコンセントを抜く
電気毛布を使わない(今は湯たんぽがお薦め)
IHヒーターや電子レンジは短い時間のみ使う
冷蔵庫からベットは離す
パソコンも寝るときはコンセントを抜く

以前に聞いた話でて電磁波をがん細胞に浴びせると最大で24倍のスピードで成長するという。
24年かかって成長するがんが1年で出来てしまうということだ。
これはとても怖いこと。
現代生活は家電無しには考えられないが、すこしでも減らす工夫はして欲しい。

2015年7月29日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中