頭の治療

印刷する

頭を治療しますというと驚く方がいます。
我々はマッサージや鍼をよくやる所なのですが、頭に鍼を打って大丈夫ですかと疑問に思う気持ちもわかります。
頭も実は関節で出来ていて、矢状縫合・冠状縫合・ラムダ縫合といくつかの骨がつなぎ合わさって出来ています。
関節ですから、ゆがんだり当然あるわけです。
あと頭のてっぺんはいくつも穴が空いていて脳の中から静脈が出てくる所なので、治療ポイントとしてはとても大切な場所です。
本来頭皮はある程度弾力がある所ですが、緊張が続くと頭皮がピーンと張ってきます。
そういう状態で治療してほぐれると、何とも言えず身体全体の緊張まで取れてきます。
緊張が極度に続きますと今度は頭に浮腫が出ます。
触った感じはブヨブヨで、所々感覚も鈍くなってきます。
絞ると少し水が出たり、出血したりしますが、絞り出すだけでも治療効果があります。
ひどい方は頭に100本程度鍼をしますが、何ともハリネズミみたいで見た目は悪いですが、はまっている方は多いです。
薬が効かない不眠症の方で頭の治療にはまっている方がいますが、90分頭のマッサージだけです。
治療効果は抜群だそうですが、1日しかもたないのが玉にきずだと言っています。
身体のどこかに痛みがあると頭皮によく反応が出るので、神経の興奮を静める時はよく使います。
なぜか頭のてっぺんのツボが痔に効くのです。
昔の人は気がついていて語り伝えたのでしょう。
最近は鬱病が多く、そういう方にも頭の治療はかかせません。
パソコン疲れも頭には良く反応が出ます。
バランスから見るともう少し身体を使う方がいいとは思うのですが、最近の仕事は頭脳労働ばかりです。
必然的に頭の治療が増えています。
一度、お試し下さい。

2015年7月30日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中