夏の定番

印刷する

夏の定番は「冷たい物取り過ぎ」「エアコン」「足の冷えと浮腫」「左腰痛・坐骨神経痛」「喉を痛める」である。
まず冷たい物をなるべく摂らないようにしても胃に負担がかかる。
胃がやられれば腸までおかしくなる。
エアコンもなくては過ごせない。
子供の頃は気温が30度を超えたというと驚いたが、今は35度を超えてもそんなに驚かない。
日本がすっかり、亜熱帯のような気候になってしまった。
冷たいものとエアコンで、足が冷えむくむ。
胃腸の反応は左側に出るので、腰痛や坐骨神経痛は殆ど左側である。
腸の具合がいまいちで抵抗力がないので、感染を起こしやすく喉がやられる。
結構風邪が長引いている方がいる。
治療法は日に出来れば2回の発汗である。
腰湯など下半身浴で、額から汗が出るまで暖めて欲しい。
シャワーで済ませるのが一番いけない。
同じ話を日に最低5人にしている。
まだ続きそうである。

2015年8月1日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中