女優さんの歯科治療

印刷する

映画の撮影時、女優さんが歯科治療で顔が腫れてしまったら、全てのスケジュールが狂い大問題となってしまう。以前に歯科の先生からこういう場合、どうすればいいかを伺った。
ポイントは2つある。1つは歯科の治療の前に肩、頚、腕を十分に揉んでおくことである。東洋医学では歯の痛みを腕や肩のツボで治療する。歯の治療をして顔が腫れたから肩を揉むでは遅いのである。もう1つは治療前に鎮痛剤や抗生剤を飲んでおくことである。どういう薬がいいかはオーリングテストが出来る医師か歯科医師に合わせていただく。
ほとんどの方が何かをやってから、治療をするが本来逆である。ゴルフなどでもやったら痛くなっちゃったではなく、万全にして望むのが好ましい。皆さんの言葉を聞いているとよくわかるが、「今日、ゴルフに行ってきた。」では遅い。「明日、ゴルフに行くから万全にして欲しい。」が正解である。「たまのゴルフで腰痛を起こすとは思わなかった。」と皆さんはよく言うが、何事も準備の段階で勝負はついている。

2015年7月29日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中