神様の鍵の隠し方

印刷する

常連さんから、「あなたの治療は時々、変なツボをいじるけどどうしてそういうところを治療するの?」と聞かれて少し困ってしまった。「なぜと言われても困りますが、治療のポイントは鍵と鍵穴です。我々が鍵を見つけて鍵穴に刺せば問題解決ですが、その鍵が何処に隠れているかが問題です。簡単に見つかるようならすぐに治っているはずですが、治らない方が多いということは鍵が見つからないのです。ではどう考えるかと言いますと『神様なら何処にお隠しになられるかなぁ?』です。ここは筋肉がこう着いていて、血管がここを走る、関節もこういう構造で神経がここを通っている。ここなら隠しやすいとか、ここに隠すと○○の問題が起こるとか、そんな事を考え、神様になったつもりで鍵を探すと出てくるのです。もちろん試行錯誤ですぐに見つかるわけではありませんが、ある程度の特徴はあります。それは『へり』です。どうも鍵は端っこに隠される性格を神様が持っていらっしゃいます。そして肩のここに隠したから股関節のここにも隠すであろうと想像するわけです。それを数をこなして段々わかるようになりました。」こんな回答をした。

2018年4月17日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中