喘息(ぜんそく)

印刷する

喘息の治療picture_masatsu
東 洋医学的に喘息の治療は色々と出来ます。医者から気管支拡張剤をもらっている方も多いですが、出来れば減らしたいというのが本音ではないでしょうか。喘息 の場合、身体に出る反応点は首の後ろ、腕、胸と大体決まっていてます。反応の強い点を治療すれば薬を減らすことは可能です。あと気になるのはご自宅の環境 です。エアコンが古かったり、絨毯を敷いていたり、ペットを飼っていたりするとなかなか呼吸器の病気は治りません。腸を治療することも大事で、乳酸菌の摂 取とともにThe Bi-Digital O-Ring Testで喉を弱くする食べ物を調べる事も大事です。喘息の方で静かに治療を受けていると咳き込むのに、自分が好きな芸能人の話をすると咳き込まない方が います。気管支は自律神経の交感神経優位で開くので、少し緊張した方が呼吸は楽なのです。それにしても傍から見ていて漫画みたいに変化するので、仮病みた いに見えます。こういう方は小鳥タイプなので、何事も中庸、程々、いい加減、適当など私がよく使う生き方で喘息は良くなるのではないかと思っています。興 奮だけでも困りますし、安静だけでもダメです。何事も中庸。喘息の方を見ていると益々この信念が強くなってきました。

腰を治療
喘 息などの呼吸器疾患を持っている方の腰痛は、普通と腰の痛む場所が違います。呼吸器の反応は腕や胸、首の付け根などに出ますが、ある程度長引いた場合は、 背中と腰の接合に反応が出ます。普通の腰痛はもっと下です。ですから場所を診ただけで、整形外科領域の腰痛か、呼吸器から治さなければいけない腰痛かすぐ に見分けが付きます。腰痛が治らない方達の中に粘膜や鼻炎、喉、胃腸の問題を抱えている方が多いことは体験的にわかっています。耳鼻科を受診してその領域 が問題ないことを確認してから、腰痛治療しても遅くはありません。寒い時期、喘息の患者さんがよくきます。少し意外かもしれませんが坐骨神経痛の治療をお 薦めします。理由は坐骨神経痛を治療すると喘息が楽になるからです。腰に痛みがあれば神経が興奮して、喘息発作などを起こしやすく、また背中の筋肉も硬く なりますので、深い呼吸が出来ません。先程来た方は坐骨神経痛の治療がほぼ終わった頃に、呼吸が楽になり、喘息がほぼ治まってきました。喘息を呼吸器の病 気だけの視点で見ずに、喘息になっても自力回復出来る身体作りはとても大切です。身体の何処に痛みがあっても喘息は治りにくくなってしまいます。こんな所 にも治療のポイントがあります。

頭を治療
鬱病と喘息で通っている方がいる。仕事柄激務な ので、いつも頭のこりが気になる。頭がブヨブヨだと頭が働かないと言ってくる。治療するとこれで仕事が出来るという。喘息を持っているので、あまり無理が 出来ない。今回は背中の辛さで来た。喘息の薬も医者に増量されたという。調べてみると、喘息が悪化したのではなく、背中のこりと頭のブヨブヨで喘息が起 こっていたことがわかり、背中と頭を治療してからもう一度、薬剤の適量を指導してもらったらどうかと話した。これには本人納得していた。ただ喘息が悪化し たから、増量ではなく、身体の関係する他の所からのアプローチも大事である。喘息などを患っている方は不眠になりやすいです。理由は喘息でか肩の付け根が こって殆どの場合、左右差が出ますから首がゆがむわけです。首のゆがみで頭の血行不良が起こり、不眠や鬱病になりやすくなってしまいます。ですから喘息の 方の首はいつも注意してみておかないと、すぐに寝違いを起こしてしまいます。身体は1ヶ所ゆがむと違うところへの影響があるので、それを予想して見ていな いと、こんな事になるとは思わなかったということが簡単に起こります。

コロコロ
肺を患っ ている方が重い手荷物を持つと中々良くなりません。理由は手荷物によって肩甲骨の内側の筋肉が硬くなり、そこには呼吸器の反応点が集まっているからです。 ですから喘息などの方の場合、荷物はコロコロなどにして下さいと指導しています。肩甲骨が自由にスライドして動くから呼吸が楽におこなえるのです。肩甲骨 の動きが悪いままでは首がゆがみ、やがては頭の血流も落ちてきます。鬱病などはこのパターンが多いです。胸を拡げると肩甲骨は縮みますが、その筋肉が硬い ままでは縮めず息も入らず、浅い呼吸になってしまいます。

子供の場合
喘息の子供を持つ方 が、子供の健康維持に何を注意いたらいいか教えてくれという。まずは電磁波、ゲームなどで長時間続けるのは感心しない。子供は外に出て元気に遊ぶ方がい い。次に人工甘味料、アスパルテームなどは記憶を司っている海馬に影響があることが分かっている。次にマクラ。そば殻は勧めていない。当院では複数の方が 使う関係でパイプ枕で洗えるようになっている。その上にフェイスタオル、使い捨てペーパーである。ご自宅ではパイプ枕にタオルでいいだろうが、このタオル は毎日交換して欲しい。よだれや体液で再感染の恐れがある。そして乳酸菌。最近小児科でもよくラックビーなどを出すそうだが、大分腸と免疫の関係が言われ るようになってきた。 最後にきちんと鼻炎を治すこと。これは症状が出なければ何もしない方は多いが、我々から見ると徹底的に治療して欲しいポイントである。鼻炎と頭の血流、集 中力の関係などはよく言われている。最後に顎関節。これは歯医者で噛み合わせを診てもらう。何か一つかけても元気は保てない。

パンフレット
p_35

2015年6月11日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院