膝治療のバリエーション

印刷する

膝に痛みがあると病院では、「痛みと共存しながら生活をしなさい。」と言われる。もう少し楽になりたいがなにか方法はないかとこられる方が多い。膝治療に関してすこしまとめてみたいと思う。思いつくだけでも10通りの方法が浮かぶ。

1.太腿をほぐす-膝痛は膝が悪いことは少なく、初期ならほとんどが太腿の硬さが原因である
2.太腿にテーピング-キネシオテーピングという方法で弱くなった太腿の筋肉を補強する
3.鍼治療-痛いところに刺すというよりは反対側の足だったり、太腿に裏側だったり、周りをほぐす
4.サポターによる補強-最近はサポーターは横に金属の入った強いものもある
5.アルツ注射-保湿などの効果があるヒアルロン酸注射である
6.グルコサミンとコンドロイチン-健康食品に詳しい方はご存知だと思う。膝痛の初期はよく効く
7.中敷きによる矯正-靴の中に中敷きを入れ、膝や股関節の負担を減らす方法
8.漢方薬-防已黄耆湯・八味地黄丸・疎経活血湯・五苓散・牛車腎気丸-思いつくままに書いてみた。
9.氷で冷やす-これは熱を持っている急性期のみ
10.膝裏の治療-後脛骨筋の治療-これは少し専門的になるので説明割愛

変形がひどく手術をしなくてはいけない方は別だが、今までの経験でほとんどの方がこの治療でうまくいく。ただし気をつけなければならないのは膝の熱だ。膝が熱を持っている場合、熱を取らない限り治療がうまくいかない。治療前には必ず患部の熱を診るようにしているが、皆さんは意外と膝の熱に気がつかない。膝治療はそこが落とし穴で治療が長引くゆえんである。

2015年7月29日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中