今のままでは今のまま

印刷する

この言葉は以前、痩せるテレビコマーシャルか何かで、患者さんから教えてもらった。
何もしなければ痩せるわけがないという話だ。
先日がんのセミナーでゲルソン療法など食事に関する話が多かった。
ゲルソン先生は頭痛持ちで、肉、脂肪、塩分などを控えたら治ったという体験がある。
ナトリウムを摂るな、カリウムを摂れ、動物性タンパク質の禁止、糖分制限に、コーヒー浣腸と厳密にするのは大変かもしれない。
しかし今の身体の状態を変えようと思ったら、まず食事療法から変えると良い。
以前から醤油を使わない話や空腹、断食の話など書いてきたが、運動などで身体を変えようとしたら100日はかかる。
頭痛を持っている方なら食事を変えただけでも、痛みは変化する。
減量しただけでも腰は楽になる。
塩分を控えただけでも足の浮腫は変わる。
空腹を少し味わっただけでも、頭はさえる。
やはり食事が1番効果てきめんだ。
変えなくてはと思いつつ、晩酌が止められない方は、「今のままでは今のまま」になってしまう。
まずは食事を変え、ゆとりがあれば運動・物の考え方など変えると良い。
この言葉を思い出しながら、食事から変えて欲しい。

2015年7月31日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中