子供が親を選ぶ話

印刷する

以前から当院におこしの妊婦さんには必ずする話がある。それは「子供が親を選ぶ」という話である。私からこの話を聞いた新米ママも多いと思う。20年以上前にこれは教えて頂いた話だが、当時は知識としては理解していだが、その後研究者のチェンバレン博士の資料を見たり、日本で胎内記憶の産婦人科の池川明先生をご紹介頂いたりで、段々興味が湧いてきた。殆どの方は親が子供を作ると考えているが実際は子供がこのパパとママがいいと選び、オギャーと生まれるとその胎児に入る。子供が親を選ぶから親を嫌いな子供はあり得ない。よくニュースで親に虐待されても子供が親を恨まない話を聞くが、それは子供が親を好きだからである。
昨日、映画の「うまれる」を見てきた。
http://www.umareru.jp/
4組の夫婦の実話だ。母親に虐待されたり、明日の命もしれない子供が生まれたり、死産の話、妊娠できない方の話などで構成されている。いかに普通に子供が生まれることが普通ではないかを教えてくれる。
仕事をしていると親との関係がうまくいかなかったり、子供とコミニュケーションがうまく取れないという話をよく聞くが、この映画は全ての人に見て頂きたい映画である。
まちがいなくあなたが親を選んだのだから

2015年7月29日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中