尾骨痛について

印刷する

病院勤務時代から患者さんの尾骨痛には悩まされた。尻もちや巨大児の出産で尾骨を傷つけるとその痛みが何年でも続く。場所的に中々医者にかかりにくいところなので、患者は我慢してしまう。あまり酷い方では折れた尾骨の摘出手術をする。いつかは良くなるだろうと思っていても中々痛みが取れない。2-3時間坐ると痛いし、ぎっくり腰などをやっても長引く。便秘になりやすいし、良いことは一つもない。初期であれば鍼でいい結果をだせるのだが、15年以上経ったものはなかなか完治まで難しいケースがある。普段は円座やノープレッシャークッションを勧めている。鍼治療ではそこそこ深いところまで入れないと効果が少ないことが多い。10年以上経ってしまった方は少し気ながら治療するといい。劇的ではないが薄皮を剥ぐように良くなる。この尾骨痛、治療法はあるのだから絶対放置しないで欲しい。

2017年4月27日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中