身体はスイッチ論

印刷する

首を痛めての握力が極端に下がってしまった方の治療をしている。仕事柄手を使う方なので、毎回腕や肩が硬い。自宅で何か出来ないかとハンディマッサージャーを買ってもらった。今回腕を診たら3割ほどほぐれている。ハンディマッサージャーが効いた様である。注意事項として私の体験からも。「やり過ぎは逆効果になる。」という話をしたら、「やはりそうですか。」と驚いていた。こういう機械は全て実験をしているが、私自身腕を極端に使う仕事なので、夜寝る前に使ってみる。15分、30分、45分、60分、90分・・・。どうも一番いいのが15-30分である。やればやるだけいいと言うことはない。60分以上やっていると少し神経が麻痺してくる。何事も程度が大事である。患者さんが、「こんなに腕が疲れているのに長い時間はダメなのですか?」と聞くので、「身体はスイッチ論で、スイッチが入ればそれ以上は過剰刺激になります。」と答えたら、「そういうものですか。」と言っていた。他の治療もそうだが健康食品でもやたら増やす方がいるが、スイッチが入るかは入らないかがポイントである。朝起きて健康に良いと野菜ジュースを飲んで効果が良くわからないので、倍飲んだら下痢をしたと先日聞いたが、このスイッチのことが頭にあれば多少治療に対しての感覚が変わると思う。遺伝子から自律神経に至るまで全てスイッチである。

 

 

 

 

 

 

 

2016年12月10日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中