運動会の罠

印刷する

この時期子供の運動会のあと、身体が痛くて来る方が多い。どういうわけか皆同じ事をいう。お父さんの場合はかけっこで足や腰を痛める。それもどういうわけか娘の運動会である。格好いいところを見せようと心理が働くのかはわからないが、息子の運動会の後来る方は少ない。お母さんの場合は綱引きである。相手が子供達となると俄然気合いが入る。舐められてはいけないと、決して諦めない。普段そんな力の使い方をしないので、腕と肩、背中腰までおかしくなる。何となくほほえまして話だが、皆身体の痛め方は同じである。

 

2015年10月5日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中