なかなか治らない足首の捻挫に関して

印刷する

長いこと仕事をしていると今まで数人、全く良くならない捻挫の方を診た。何をやってもダメでこちらも根を上げて、足の外科学会に紹介するが、全員が治るわけではない。場合によっては手術になり、まだ手術で治る方はいい。手術の対象にならない方もいる。毎回包帯で固定するしか方法がない。靴も限定的になってしまい、オシャレなど出来ない。人類が二足歩行してからの宿命もあるだろうが、たかが捻挫だが治療方法がないというのはこちらも釈然としない。今は足の診療所や足底板を専門で作ってくれるところ(フィートインデザイン)があり、昔より選択肢が増えて患者さんには朗報だが、たかが足首ということで諦めている方は多いいのではないだろうか。昔の比べてMRIや超音波診断装置などで内部の様子がわかってきたので、諦めている方はもう一度専門的なところを訪ねてみるといい。一昔前とは技術の差がある。

 

無題

2016年3月14日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中