痔と免疫

印刷する

以前、年配のご婦人をThe Bi-Digital O-Ring Testで全身スキャンしたら、膀胱周辺に異常を見つけた。
婦人科の可能性も低いし、痔ですかと聞いたら、「そうだ。」という。
いつからですかと聞くと、出産してからと言う。
出産後の痔はよくあるので仕方がないが、子供がもう50才近いので、いかにほったらかしかがわかる。
免疫を上げるのに痔は治さないと他の病気が治らないから、すぐに肛門科に行って下さいというと、「人様にお見せする所ではありません。」と言われてしまう。
墓場まで持っていくおつもりであろう。
日本女性の奥ゆかしさからなのか、恥じらいなのかわからないが、痔をそのままというのは本当に困ってしまう。
最近止まらない咳きやがんが拡がってしまった方達は共通して痔があった。
長年治療していると、痔を治すとこんなに身体が変わるのかと感心してしまう。
結局痔があるということは、いくらでも感染を起こしてもかまわないと言っていることであり、出血による貧血も治まるわけがない。
免疫をいい状態で保つにはこの痔の治療は外せない。

 

2015年10月5日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中