膝の熱に関して

印刷する

以前病院のリハビリで30代の方の膝を治療をしていたが、中々改善せず困ったことがあった。
怪我の内容は軽い靭帯損傷だったと思うが、固定やリハビリなどで2ヶ月もしないぐらいで回復するのが常である。
しかし3-4ヶ月通院されていてこちらも焦り、担当の外科部長に相談しても、「痛ければ注射はするけど・・・。」で、なすすべがない感じである。
こちらはリハビリで毎日顔を合わせるので、色々と治療法を変えてみたが効果がない。
こちらも腹をくくって詳細に何が起こっているのか調べたら、患部の熱がどうやっても取れないことが分かった。
普通は冷湿布で冷やすのだが、いくら張り替えても熱を持つ。
では氷でということで1時間ぐらいやってもらったら、少し楽だという。
しかしまだ熱を持っている。
段々冷やす時間を増やし、ついには一日中になってしまった。
取り敢えず凍傷の心配はないが、ここまで冷やしても大丈夫かと心配しながらやったことを覚えている。
連続で冷やし続け確か1週間ほどで、患部の熱が治まった頃には痛みも引いていた。
こんなに冷やさないと痛みが取れなかったのかと、自分がイメージしていたものとの違いに愕然とした。
それ以来、膝の熱が気になる。
少しでも膝頭を押さえて熱に左右差があれば、必ず冷やしている。
1度の温度差というのは大変なものである。
時々この症状で来る方がいるが、膝の痛みは熱を取らない限り数年で続く。
本人が途中で諦めてしまうとその後に待っているのは坐骨神経痛である。
しかしこの膝の熱対策はあまり知られていない。
この熱のことがわかってから、膝治療が格段に楽になった。

2015年8月1日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中